2018 年 05 月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
前月 今月 翌月
新着記事
閣議決定って何だ?

2018年05月20日(日)

2つの閣議決定が出たようです。1つは、「現行法令において『セクハラ罪』という罪は存在しない」というもの、もう1つは、「柳瀬唯夫・元首相秘書官が2015年4月2日に官邸で愛媛県関係者と面会していたのかを確認することは『困難』」というものです。あれ?愛媛県知事が面会していたと証明していたのではないの?知事を呼んで聞けばいいと思うのですが・・・。以前、元愛媛県知事を国会に呼んでいるのだから、現役の知事ならさらにきちんと説明できそうなのですが・・。まあ、普通に考えて知事に来られたら困るからとしか思えませんね。時間が経ってみんなが忘れるのを待っているようです。そして「セクハラ罪」がないという決定。これも?です。みんな知っていることをわざわざ決定するなんて。こういったことを言うことで、セクハラについての問題をすり替えようとしているようです。何はともあれ、政治家というよりは、人間としてダメなような気がします。こんなトップだと誰も日本の言うことを信用しなくなりますね。
新聞を読まない大臣って何?

2018年03月30日(金)

 今問題の財務大臣。昔漢字の読み方が分からなかった大臣ですが、またぞろ新聞憎しの思いを子どものように出しています。そして、記者の質問に対して新聞は読まないようにしているとの言葉。これはちょっと信じられなかったですね。まあ、新聞を読んでも自分のことを悪く書いているから(実際悪いからしょうがないのですが)、読みたくないのでしょう。これって、子どもですね。自分自身を反省することができない人間のようです。
 こういった大臣や総理に悪く言われるマスコミはまだ見込みがありますね。彼らに悪く言われないマスコミ(産経や読売)などはマスコミとしての役割を放棄しているのでしょう。ぜひ権力者が批判する新聞を読みましょう。
異動があって学校を変わります

2018年03月26日(月)

 今回の異動で学校を変わることになりました。これまでは自然科学部という部活の顧問をやっていていろいろと自分の趣味も兼ねながら活動をしていました。生徒たちがこれをやりたいと言ってくれればそれをやるのですが、なかなかテーマが出てきません。テーマが出てきても実際にやってみてもデータがとれない、新しさがないなどの問題があって最終的にはこんなことやったらどうかなとなっていきます。ホームページで載せている内容の中にも部活でやっている内容が載っています。今度の異動で部活がどうなるか分かりませんが、一応科学部があるのでちょっと関係は持っていきたいと思っています。学校の周りには自然がたくさんあるのでちょっと楽しみです。なお、離任式で話したことを、いろいろ備忘録/分類不可能のページの載せておきました。
裁量労働制は切り離されたが・・

2018年03月01日(木)

でたらめなデータで何か言おうとするのは自然科学をやっているものから見るとあり得ないことである。研究者がデータを捏造したら大学にいられなくなる。それが過失だとしても大きな代償を払わないといけない。データが違っていたら当然やり直しですね。
 裁量労働制になったらどうなるか。教員の世界がわかりやすいです。教員は4%の教員調整手当がついていて、いくら残業しても残業代は出ません。言ってみれば見なし労働時間が4%分なのでしょう。教員に残業はほとんどないという形で出てきています。勤務時間を過ぎてもいいのは職員会議や入試、突然の家庭訪問などです。でも実際には部活(最低賃金以下)やその他で下手をすると過労死ラインで働いている人もいます。つまり、裁量などないわけですね。これが裁量労働制の未来の姿だと思います。
 人の痛みを想像できない人物に国の政治を動かして欲しくないですね。
ウーマンラッシュアワーの漫才は面白い!

2018年01月01日(月)

 お笑い芸人の芸が面白くなくなってきていましたが、ここに来て本当のお笑いを見ることができました。それはウーマンラッシュアワーです。ネットでも賛否両論出ていますが、本来お笑いとは、弱者が強者を力ではかなわないので、ユーモアで、言葉で戦うことでしょう。松元ヒロさんなどもいますが、メジャーなテレビで見ることはありませんでした。しかし、THE MANZAIの優勝者というメジャーなコンビがやることに意味が出てきます。下手をするとテレビ局などの忖度でテレビではできなくなる可能性も出てきます。そうならないためにも応援したいですね。村本さんが話していたのは、沖縄・熊本の人たちとの約束があるからやったとのことでした。沖縄や震災に遭った人たちはとにかく忘れて欲しくないとの思いが強く、全国放送でぜひこの漫才をやって欲しいとのことでした。そんな人たちの思いを背負いながらやった漫才です。どんどんとひろげていきたいですね。

- WebCalen -